« 仏生山 法然寺 その1 | トップページ | 白色ゴーヤと夏の花 »

法然寺  その2

その1は お読みいただけましたか?

少し難しい内容でしたね・・・・

水戸の黄門さまのお名前は ご存知の方が多いと思いますが、

そのお兄様にあたるのが 頼重公です。

75歳で生涯を終えられた頼重公には 

生前にかなわなかった願いがあったそうです。

それは 仏生山の山頂からお釈迦様の遺骨が見出されたそうで、

その遺骨を安置すべき「五重塔」を建立する・・・・・と言う 願いだったそうです。

残された 絵図面にはその予定地がはっきりと印されていたそうです。

そこで頼重公 の御悲願を 

法然寺は 開山以来三百三十年の悲願として

この五重塔建立を決意・・・・・

賛同される方々の「寄付お願い」を呼びかけ

平成18年6月に地鎮祭の法要。

平成20年3月に起工式の法要。

平成23年に完成予定を迎えることになっているそうです。

Dvc00228

分かり難い写真ですが、境内図の後方に五重塔が建立中です。

Img_4432_2

三百年の時が流れた 今・・・・ そして2年後には

その願いが叶えられようとしているんですね~~

なんだか胸の奥が 熱くなるお話ですsign03

この時代に 私たちが 時を刻んでいることに深く感謝し、

知れば知るほど 由緒あるこの地で

ご先祖のお墓にお参りできることは 申し分のない幸せでございます。

9月の23日秋分の日 お彼岸には 必ずお墓参りに行きましょう。heart04

|

« 仏生山 法然寺 その1 | トップページ | 白色ゴーヤと夏の花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仏生山 法然寺 その1 | トップページ | 白色ゴーヤと夏の花 »