« ホトトギスの花   パートⅡ | トップページ | やっと一段落・・・ »

秋明菊 と20代の出逢い

今から30数年前のお話です~

[讃岐彫り]を教えてくださる先生に出逢いました。

讃岐彫りとは、

鎌倉彫りと比べると繊細で、写実的な図案を

栃の木やケヤキのお盆に 彫刻刀で彫り、

その後、漆を何回も塗り仕上げた漆器です。

私が先生の作品を見せていただいて、

こんなに繊細な彫が讃岐彫りの技法にあったんだぁ~

これなら、私も習ってみたい・・・・・って 思い 

すぐに お稽古をお願いしました。

先生は快く引き受けてくださり、何年かお世話になり,

私なりに納得のいくものが、彫れるようになりました。

思い返せば、作品を仕上げる事に夢中になり、

朝まで彫続けていたことも、しばしばありました。

私が、あんなに夢中になれたのも、作品が残せたのも、

先生に出逢えたから・・・・・

出逢いは、人生に大きな影響を与えてくれます~~

出逢いは「偶然」ではなく 本当に「必然」なんです~~ねsign03

出逢うべきして出逢えた  T先生 にheart04

昨年11月 久しぶりにお会い出来ました。

先生は70歳を過ぎても、まだまだ若々しく、すごく綺麗happy01

やはり、目的を持って生きて来られた方は、イキイキされています。

先生への尊敬の念が益々、深くなりました。

写真は先生の初期の頃の作品ですが、

無理を言って 記念に頂いてきました。

(写真を、もう少し上手に撮るように心がけますcoldsweats01

Dvc00078

秋の七草を彫った お盆です。

我が家の和室の飾棚に・・・・

一輪ざしは秋明菊です。

Dvc00072

私の作品も、またの機会にお見せいたします。

お楽しみに~

|

« ホトトギスの花   パートⅡ | トップページ | やっと一段落・・・ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホトトギスの花   パートⅡ | トップページ | やっと一段落・・・ »