書籍・雑誌

最近 出逢った本 

随分 ご無沙汰してます。

8月25日の 月 と 星 の写真ですheart04

満月ですね?新しいデジカメを買いましたが、

まだ使いこなせていませんcoldsweats01

Dsc00335 Dsc00341

さて、読み始めると 止まらないのが 最近出逢いました~

book 皮膚という「脳」 book  この本です。

Dsc00343

内容は人それぞれの感じ方があるので 読んでみてください !

皮膚というものを 違う観点からとらえた、何億年前からの皮膚のルーツや

皮膚の機能が 実に面白く書かれています。

「五感はすべて皮膚から始まった!」も

「皮膚は心をあやつる」も 一気に読んでしまいました。

幼少期からの身体接触が多い子供ほど

「自立した」 「協調性のある」 「共感性のある」 こころに育つとのこと・・・

つまり 子供の頃に母親や父親が子供の皮膚に「ふれるあう」ことが

どれだけ出来たかによって大人になった時、その子の

心の問題?や 人とのコミニュケションがスムーズに行えるかどうか?!

人間関係がうまく保てるかどうか? など 大きく影響するとのことです。

スキンシップが大事だと言われる理由ですねheart04 

スキンシップとは皮膚とふれあうことで、

人と人の関係が始まる原点とも言えるのでしょうsign02

父親 母親から「大好きだよ~」 「可愛いね~」 「大切だから~」 「元気に育ってね~」

出来る限りの愛情で心から 子供の皮膚にふれあうことは

そうされながら 育っていく間に 子供の心の感情が 

楽しい 嬉しい  気持良い 好き などの 

感情が豊かになって 自然に湧き出てくるのでしょうね!

そして、それらが大きな 安心感や信頼感になり、

その感情が やがて人を好きになり、

好きな人とは繋がりたいと思うし この人と少しでも長く一緒にいたいと思う~

子供から 大人に成長していくのですね。

それも皮膚を通してふれあうことが 将来の人間性を形成するのだから

凄いことです。   

こんな大切なことを 子育て中のお母さんに知らせてあげたい!

そう思いましたheart04

皮膚は脳の指令に関係なく 独立した極めて高い能力を持っていて

皮膚は「露出した脳」であるとの事・・・・・などなど 読み応えがあります~

三つ子の魂百までも・・・・今からでも遅くないです 「ふれあう」こと 

今 出来る最大の子育てですよheart04

小さい子供さんがいらっしゃらない方は お孫さんに是非heart04

 

| | コメント (0)

ターシャテューダのことば

今日のブログは何を書こうかしら・・・・?

パソコンに向かって その時の気分で書いてみたり・・・

前もって写真を用意したり・・・いろいろなんですが。

どうしても、喜び感激した、好きなお花やお野菜の話題や

成長記録が多くなってしまいますsign03

2008年6月18日帰らぬ人となった~ 

絵本作家のターシャテューダをご存じの方も多いと思いますが・・・

ターシャの絵本の中で 私の好きな言葉なんですが、

「思うとおりに歩めばいいのよ」

「庭仕事は体が疲れても、心が満たされるわ」

「人生は短いのよ 好きなことをしなくちゃ」

本当にその通りですよね~~happy01

5月25日撮影のブラックベリーの花です

Img_3847

6月3日撮影                          

Img_3903

6月9日撮影

Img_3904

6月14日撮影

Img_4034

この実の色が 緑から赤に  赤から黒い赤に変わると

また 収穫して ジャム か 果実酒にwine

毎年 私はこの季節になると 思い出すのです~~

ターシャのことを・・・shine

| | コメント (1)